自分の退職をきっかけに、体験をまとめてきました。

(c) .foto project


新宿区に住んでいて区役所までもハローワークまでも歩いていけるという地の利を生かしての体験だということもありますが、手続きって体験しないとわからないこともあるなあ、という実感からです。

最初は、退職が決まった時点からの準備編

新宿における退職後の手続き:その1:事前準備編


まずは知識を持ちましょうということと、そのためには今はいい時代だよね、という話。
そのあとは、実際の手続きの話に入ります。

新宿における退職後の手続き:その2:「離職票」と「社会保険資格喪失連絡票」編

私がいたような、ちゃんとした会社・公的な組織ならば問題ないのですが、中小企業とかブラック企業だと、こうした書類も満足に出してくれないところがあるらしいです。
また、手続きというのは、こちらが気をつけないと、向こうは積極的にやってくれる(もしくは、やりたくてやっている)訳ではないということを肝に命じてかかる方が良いです。

次は、役所での手続きです。

新宿における退職後の手続き:その3:保険と年金編


とにかく言えるのは、積極的に質問して、どんどん相談するのが良いということです。
役所は対応が悪いという風評が立ちすぎて、今は役所は対応を良くしようと必死です。
みなさん聞いてくる方には親切です。ただ、向こうから積極的に働きかけては来ないということなのです。
そこを間違えないことだと思います。

新宿における退職後の手続き:その4:ハローワークは気をつけて編

これは新宿ならではの話。
職安通りというのに、今はメインは駅前のエルタワーの方だということです。
ここでも相談することが大事だと書いてます。
受け身だったり消極的では何も手に入らないということでしょうか。

ここからは実践編というか、実際の体験編。

新宿における退職後の手続き:その5:職業講習会


新宿における退職後の手続き:その6:雇用保険説明会


新宿における退職後の手続き:その7:初回認定日


これで一通りの雇用保険の認定までは終わりました。
あとは、国民健康保険とか国民年金とかで支払い手続きとかもあるので、随時書いていきたいと思います。