運動不足を解消しようと急にジムとか行くと、反動でしばらく動きが取れません。

なので、日常生活の中で、ちょっとした階段は登るとか、姿勢を良くして座ることで腹背筋を鍛えるとかしています。

こういうのって、やればできると思っているうちはやらなくて、結局、えっと思うほど痛い目に遭わないとやりませんね。

実は、頭をつかうのも同じことで、仕事で企画書書いたり、プランを練ったり、プレゼンしたりというのも、以前やっていたから、すぐにでもできそうで、やらないとあっという間に錆び付いているものですね。

仕事能力を運動になぞらえると、年齢とともに馬力だけではなくで瞬発力とか持続力も落ちてくるものです。
それを、経験で裏打ちしようとしても、小手先でクリアしたつもりでも、あとからがっくり来たりしてね。
昔は越えられたはずの高さに届かないように、できたはずの仕事がクリアできなくなってくる。

運動ならば、脳の指令で筋肉が動くまでのタイムラグがいかに縮まるか、というのが運動神経の良さで、筋力とは別に、体が動くかどうかというのは、この指令系統がメンテナンスされているかどうかにかかっています。
仕事ならば、 どういう働き方をすればよいか、何を考えればよいか、つまり、どうアタマを動かせばよいかが浮かぶか浮かばないか、という仕事神経の良さが、脳の指令系統をメンテナンスしておかないと落ちるわけです。

本を読んだり情報を仕入れておくことは筋肉をつけることに近くて、基礎力ですよね。
企画などに使う考える力は、日常的にエスカレーターではなく階段を登るように、すぐググったり、結果だけを知るんじゃなくて、自分の頭でモノを考える癖をつけておくことで、こうした神経系統のメンテナンスは行われるといえます。

こうしたブログで自分の考えをまとめることも、この指令系統の整理やメンテになるのですが、サボっていたなと最近、感じることが多いので、メモっておきます。