マーケと言うよりはサイエンスネタ。

埋もれた論文 電子書籍に@YOL
>静岡大学発のITベンチャー「静岡学術出版」が、学術論文や絶版になった書籍を電子書籍化し、低価格で出版・復刻するサービス「新電子出版 知の偉産シリーズ」を開始した。電子書籍化の価格は1冊あたり5万円。出来上がった電子書籍は、ネット小売り最大手「アマゾン・ドット・コム」や同社のウェブ書店で、1冊500円程度で販売されるという。

学術論文は、電子化されて検索可能な方がGoogle Scharとか
各種論文検索サービスに引っかかりやすいから便利だろうとは思う。

でも、最近の論文誌って、そういうネットでの公開に
かなり高額な料金を取るんだけど(数十万円単位)
ここでは5万円で電子書籍化してくれるようだから、いいかもしれません。
それだけの価値がある論文だと思う場合はね。

ここは、書籍化もしていたそうで
>同社では、これまでも紙での自費出版を1000部約50万円で請け負ってきたが、「長い年月や費用をかけた研究成果が、人の目に触れずに埋もれるのは大きな損失。もっと低価格で提供したい」として、電子書籍での出版サービス開始を決めた。

1000部で50万円ということは、1部500円。
電子書籍ならば100部売れれば元は取れるのだから、
かなりハードルが下がったと言えますね。

気になるのは「絶版になった書籍」というところかな。
教科書に指定されたような教授が書いた本とか、
学生がコピーしたら、本を買うより安く済んだなんて話があったけど
そういうことの邪魔にはならないでしょうか?
自炊話のような抵抗を受けないかが不安ですね。

でも、本当に、それでも電子化したほうが良い論文は年間どれくらい出ているのか。
過去に書いた論文を発掘する努力が報われたのか、
来年辺り聞いてみたい所ではあります。

>年間売り上げ目標は2012年度で3400万円。同社営業担当の三島美保さん(46)は「電子書籍向け端末も次々開発され、今後電子書籍のニーズは高まる」と自信を見せる。同社を指導している静岡大情報基盤センターの井上春樹副センター長は「電子書籍化によって、論文の検索や入手も容易になる。大学で生まれた研究成果を、広く社会に還元することが可能となる」と話している。

この見込みは、武家の商法な感じがしないでもないけどね。